タグ:たんぱく ( 10 ) タグの人気記事

2012年 04月 06日
里芋コロッケ弁当
e0193711_1241864.jpg

楽しいお弁当作りというより、せねばと起きました。

・里芋コロッケ
・ブロッコリ胡麻和え
・ひじき煮いたん

コロッケはさくさくのままがいいけど…と思いながらのお櫃弁当箱です。
里芋コロッケは玉ねぎとセイタンを入れてあります。
圧力鍋で朝炊いたご飯は水加減が適当だったのでべちゃりご飯になってしまいました。無塗装のお櫃弁当箱に助けられたかな。
[PR]

by junbento | 2012-04-06 12:04 | obento
2011年 01月 14日
角煮弁当
e0193711_934253.jpg

角煮と言っても豚ではありません。玄米は例のごとく、昨夜炊いたのを朝蒸しました。

・車麩角煮
・セロリ胡麻和え
・蒸し大根梅酢
・ブロッコリ、焼き椎茸

起きたのは8時を少しまわってました。出かけるまで40分!ご飯があるのでお弁当しないわけにはいかない、勿体ないもん。おかずは麩ぅ、あと野菜蒸して、、、と算段し相成りましたが、寝ぼけた頭ではどうにもこうにも焦げました。しかも味濃そうだし。ほほほ

車麩は食べ応えも歯ごたえもあり、煮ると少しとろっとなる優れもの、乾物だし日持ちもします。
出汁に醤油、味醂を合わせたなかに直接どぼ~んと入れて戻しました。なにせ時間がないのでね。先に水で戻し、調味液に浸けると柔らかい味になります。
絞って葛粉をまぶして焼き、先のお汁をからめただけ。こんな作り方だったかな?さぐりさぐりのお弁当でした。昨日買った人参が見当たらなかったので、彩りに柚子をへいだまま乗せました。
ばたばた出来上がり写真を撮って、ちゃんと間に合いました。やれやれ

今日の写真はなんだかお弁当箱が、小さく見えますね。


・・・・・・角煮、めっちゃ濃かった。あ~大根がおいし。
夕方用にお結び弁を持たせたので、そっちにおかずまわして貰おうっと!ケガの功名???
[PR]

by junbento | 2011-01-14 09:34 | obento
2011年 01月 12日
唐揚げ弁当
e0193711_1224360.jpg

今朝もぬくぬく寝坊ぎみでしたが、作り置きがあるとお弁当できますね。
今日はがっつり、唐揚げ弁当。玄米は昨夜炊いたもので、朝蒸しました。

・大豆たんぱく唐揚げ
・蒸しブロッコリ
・ポテトサラダ風
・手綱こんにゃく

お肉が好きな人ならけっこう喜ぶ?大豆たんぱくを唐揚げにしました。
乾燥タイプは戻すのにお湯で30分程度かかりますが置いておくだけなので楽ですね。今まで面倒がって、買ってあるのにしませんでした。生姜と醤油に漬けておくというか揉み込んで一晩馴染ませました。
夫も鶏じゃ~と喜んでいます。
大豆たんぱくは、味のついた缶詰やフレークタイプもあります。

ポテトサラダ、風となっているのは、前日の残りをマッシュして甘酢味にしただけだから。甘酢は言わずと知れたラッキョウの汁ですぅ。きうりや玉ねぎを入れるとよりサラダっぽくなるでしょうね。彩りの人参も豚じゃがのです。1個だけ残っててよかったです。

詰めて写真撮って気づきました。昨夜の煮物の蓮根を入れようと思っていたのでした~。あらら
唐揚げいっぱい入れたし、おかかも乗せたからいいか。

インフルエンザが流行っているようですね。
せっせと梅干しとビタミンDを摂ろうと思います。ビタミンDはキクラゲ・マイタケなどのキノコ、さけ・かつお・いわしなどの魚に多く含まれているそうです。
[PR]

by junbento | 2011-01-12 12:24 | obento
2010年 07月 09日
そぼろ丼弁当
e0193711_12504370.jpg

今日のお弁当は、そぼろ丼です。
徳ばん玄米を少し精米して玄米寄りに朝炊いたご飯は、飯台に移し扇風機で冷ましました。
今日の容器は、エンバランスです。

そぼろと言ってもお肉ではなく戻した高野豆腐をすり卸し、味噌ベースの甘辛味に炊いたものです。
これは前日の残り。朝は蒸し煮人参を作っただけです。
蒸し煮人参の基本塩加減は0.8%ですが、目分量1%にしてるつもり。全体を半分にし、5つに分けたものの10%を目安だけど違うんだろうなー。水分があまり出ませんでした。でも強行。
夫は歯ごたえのあるのが好きなので、ま いっか~。


人気ブログランキングへ


本文下に広告が自動的に入るようになりました。














[PR]

by junbento | 2010-07-09 12:50 | obento
2010年 06月 15日
車麩の酢豚風
e0193711_963154.jpg

今日のお弁当は、酢豚風です。豚ではなく、車麩。完全粉なので食べ応えあります。
・車麩酢豚風
・土佐和えいんげん
・梅酢蒸し大根
・蒸しキャベツ
・切り干し大根と高野豆腐の煮物

ご飯は夕べ炊いたものです。徳ばん玄米を少し精米し、弥生紫という古代米を混ぜました。
梅雨時は黒い食べ物を摂るとよいそうです。増血とか腎機能アップとか聞きました。
食材の買い置きがなくても乾物があるとなんとかなるものです。しかし作るのが久しぶりなのでどうやってするのかわかりませんでした^^;
戻して絞った車麩に粉をつけて油で焼き付け、ターナーでじゅうっと押し付けています、くし形玉葱を横半分に切ったもの、少し蒸した人参を加え油をまわし出汁を注ぐ。酒を加え香りを飛ばし酢、みりん、醤油で味付け。片栗粉でとろみをつけ塩で味の調節。
のはずですが、とろみがつきすぎて出汁を足したり、味がぼやんとしていたので最後にミリンをじゃーと回しかけたりしました。最後に塩で味を引き締めて、何食わぬ顔でできあがり!
梅雨で蒸し暑そうなので片栗粉にしましたが、冷えが気になる方は葛粉がいいですね。



人気ブログランキングへ
[PR]

by junbento | 2010-06-15 09:06 | obento
2009年 12月 23日
角煮弁当
e0193711_10495125.jpg

今日のお弁当は、角煮です。ご飯は昨夜炊いた徳ばん玄米を蒸して温めました。

・梅酢カリフラワー
・菜花土佐和え
・車麩角煮
・蓮根ソテー、蒸し金時人参
・切り干し大根煮

昆布出汁で戻した全粒車麩を油で焼きつけ、煮きった酒、みりんに醤油と甜菜糖を少し入れて煮詰めたタレを昆布出汁でのばし葛でまとめて、車麩をからめました。

ご飯の間に海苔をはさんでいます。そういえば豆を食べていませんね。


人気ブログランキングへ



[PR]

by junbento | 2009-12-23 10:49 | obento
2009年 11月 17日
くるま麩角煮弁当
e0193711_9574815.jpg

今日のお弁当は、くるま麩の角煮弁当です。
ご飯は夕べ炊いた古代米入り白米を、朝蒸し直したものです。

・白菜とカブラ、湯葉の炊いたん
・焼き椎茸と茹でインゲン
・くるま麩角煮
・にんじんとれんこんのキンピラ柚子添え
・菜の花土佐和え

昨日から冷え込んできたので、昨夜は煮物と金平を拵えました。
マクロビオティックでは事物は陰と陽に分けられると考えます。
陰は拡散する、陽は収縮する性質を持ち、
陰は冷やす、 陽は温める効果があります。

調理の時間や素材の切り方にも陰陽があります。
細かく切ったり、時間をかけて調理することにより陽の力を加えることができ、それらを食べると体も温まります。

知れば知るほど生活に知恵がつく感じがして、私は今のところマクロビオティックの考え方が好きです。



人気ブログランキングへ



[PR]

by junbento | 2009-11-17 09:57 | obento
2009年 11月 02日
茶 茶 茶
e0193711_11144830.jpg

今日のお弁当もまた茶色弁当です。が、白米なのでさほど茶っ茶してなく見えます。

しかし、茶 茶 茶 と見事に横に並んでますね。

・インゲン土佐和え
・切り干し大根煮
・高野豆腐含め煮
・レンコン磯辺揚げ
・水菜胡麻梅酢

高野豆腐は切り干し大根と一緒に炊いたのですが、味が薄すぎたので煮直しました。

レンコンの揚げ物があるからいいかなーと思いましたが、あっさりし過ぎたな。

夫にはガツンとしたものが必要ですね。

なるべく暖まるようにと、鉄火味噌をご飯にかけました。玄米だとよりいいでしょうね。

鉄火味噌は根菜とお味噌をじっくり煎った、ふりかけのようなもの。お湯で溶いて即席味噌汁にもなります。今日みたいに寒い日には重宝しますよ。

久しぶりのお弁当ですが、さてどうでしょう。



人気ブログランキングへ





[PR]

by junbento | 2009-11-02 11:14 | obento
2009年 09月 11日
車麩の角煮
e0193711_1053016.jpg

今日のお弁当は、車麩の角煮です。玄米は、昨夜炊いた冷やご飯です。
色んなブロガーさんを参考に盗み見し、私もなるべく立体に盛りつけてみました。
具体的に申しますと、aさま、hさまです。えへ ごめんなさい。
立体的になると面白みがでますね。しかし写真の見ばがいいように最近この盛り方にしているのですが、これだとご飯が右になってしまうんですよね。夫がどの向きで食べてるのかはわかりませんが、ちょっと考えてみよう。

・すき昆布とサツマイモの重ね煮
・車麩の角煮
・蒸し大根ほんのり梅酢漬け
・サンド豆胡麻和え
・蒸し煮にんじん

さて、もどした車麩は粉をつけて焼いて煮たらコクのあるおかずになるのは、有名ですね。私は
出汁+醤油に車麩を直接浸け戻し、また絞って葛をまぶして焼き、浸け汁を煮からめています。
車麩は断然、全粒もしくは完全粉のが食べ応えがあって美味しいですね。
同じ戻し方でフライにしても美味しいです。あ、浸け汁におろし生姜を加えてね。
おろしにんにくも加えるとガッツリ系、男性が喜びます。
女性には先にお麩を水で戻して作るやり方がいいでしょうね。味が優しくなります。

胡麻和えだけじゃなくゴマに関する私のこだわりは、擂ることです。他に切りゴマでもひねりゴマでも。
要は、皮をこわして消化吸収をよくするのです。香りもたちますしネ。
セラミックのごま用ミルを買ったのですが、擂りすぎるようです。
やはり昔ながらの道具にはかなわないのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ



More
[PR]

by junbento | 2009-09-11 10:05 | obento
2009年 09月 04日
夫も騙され 豚こま弁当
e0193711_92923.jpg

お弁当箱が曲げわっぱになりました。玄米ご飯は夕べ炊いた冷やご飯です。

・地這いきうりと豚こまふう味噌炒め
・アラメ煮とゴーヤーの白和え
・小松菜梅酢和え
・カボチャ甘辛煮

メインの豚こまふう味噌炒めですが豚ではありませんで、大豆タンパクなんです。
小さいタイプの大豆タンパクを湯戻しし、昆布だしで薄めた生姜醤油に金山寺味噌を合わせたタレに漬け込んでごま油で炒め煮にしました。
大豆タンパクは戻した後よく洗って、においが飛ぶまでじっくり炒めるのがコツですね。
以前お料理教室に松本先生がいらした際、よく戻すのが肝心とおっしゃってました。その時はコタンというものを開いて野菜を巻いて揚げたかなんかだった気がします。松本先生、和食の料理人!という感じで所作が美しくそして優しく可愛らしい方でした。
うちにあるこれはパッケージに小魚タイプとありましたが、少し細かめに切ったのでやっぱり魚のフレークのよう見えます。

地這いきうりは加賀太きゅうりの色を薄くした感じのきゅうりで煮るとおいしいのですが、炒めてみました。生ではだいぶ苦かったのでカリウム豊富なんでしょうね。むくみにいいはず!塩揉みしてじっくり炒め、豚こまふうと一緒に酒と出汁、お味噌で煮て葛でとじてあります。なんたって今日から木のお弁当、汁気はちょっと避けたいですもんね。

なんだか甘いカボチャが食べたくなって有元葉子さんのレシピを思いながら先に甜菜糖をまぶして煮たのですが、フタを開けたら水分がなくなる寸前だったので醤油はからめただけです。いつもは塩煮だったり、塩蒸しだったりですがたまには甘いのもいいもんでした。

お肉に似せたもどき料理は夫に見やぶられることが多いのですが、今回は濃い味付けだったからか朝見事に「豚や~!」と喜んでました。出勤前に本当のことを言うとたいそう驚いていましたね^^

にくもどき 生姜たっぷり 味濃いめ


人気ブログランキングへ



[PR]

by junbento | 2009-09-04 09:02 | obento