タグ:obento革命 ( 2 ) タグの人気記事

2009年 09月 11日
車麩の角煮
e0193711_1053016.jpg

今日のお弁当は、車麩の角煮です。玄米は、昨夜炊いた冷やご飯です。
色んなブロガーさんを参考に盗み見し、私もなるべく立体に盛りつけてみました。
具体的に申しますと、aさま、hさまです。えへ ごめんなさい。
立体的になると面白みがでますね。しかし写真の見ばがいいように最近この盛り方にしているのですが、これだとご飯が右になってしまうんですよね。夫がどの向きで食べてるのかはわかりませんが、ちょっと考えてみよう。

・すき昆布とサツマイモの重ね煮
・車麩の角煮
・蒸し大根ほんのり梅酢漬け
・サンド豆胡麻和え
・蒸し煮にんじん

さて、もどした車麩は粉をつけて焼いて煮たらコクのあるおかずになるのは、有名ですね。私は
出汁+醤油に車麩を直接浸け戻し、また絞って葛をまぶして焼き、浸け汁を煮からめています。
車麩は断然、全粒もしくは完全粉のが食べ応えがあって美味しいですね。
同じ戻し方でフライにしても美味しいです。あ、浸け汁におろし生姜を加えてね。
おろしにんにくも加えるとガッツリ系、男性が喜びます。
女性には先にお麩を水で戻して作るやり方がいいでしょうね。味が優しくなります。

胡麻和えだけじゃなくゴマに関する私のこだわりは、擂ることです。他に切りゴマでもひねりゴマでも。
要は、皮をこわして消化吸収をよくするのです。香りもたちますしネ。
セラミックのごま用ミルを買ったのですが、擂りすぎるようです。
やはり昔ながらの道具にはかなわないのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ



More
[PR]

by junbento | 2009-09-11 10:05 | obento
2009年 09月 04日
夫も騙され 豚こま弁当
e0193711_92923.jpg

お弁当箱が曲げわっぱになりました。玄米ご飯は夕べ炊いた冷やご飯です。

・地這いきうりと豚こまふう味噌炒め
・アラメ煮とゴーヤーの白和え
・小松菜梅酢和え
・カボチャ甘辛煮

メインの豚こまふう味噌炒めですが豚ではありませんで、大豆タンパクなんです。
小さいタイプの大豆タンパクを湯戻しし、昆布だしで薄めた生姜醤油に金山寺味噌を合わせたタレに漬け込んでごま油で炒め煮にしました。
大豆タンパクは戻した後よく洗って、においが飛ぶまでじっくり炒めるのがコツですね。
以前お料理教室に松本先生がいらした際、よく戻すのが肝心とおっしゃってました。その時はコタンというものを開いて野菜を巻いて揚げたかなんかだった気がします。松本先生、和食の料理人!という感じで所作が美しくそして優しく可愛らしい方でした。
うちにあるこれはパッケージに小魚タイプとありましたが、少し細かめに切ったのでやっぱり魚のフレークのよう見えます。

地這いきうりは加賀太きゅうりの色を薄くした感じのきゅうりで煮るとおいしいのですが、炒めてみました。生ではだいぶ苦かったのでカリウム豊富なんでしょうね。むくみにいいはず!塩揉みしてじっくり炒め、豚こまふうと一緒に酒と出汁、お味噌で煮て葛でとじてあります。なんたって今日から木のお弁当、汁気はちょっと避けたいですもんね。

なんだか甘いカボチャが食べたくなって有元葉子さんのレシピを思いながら先に甜菜糖をまぶして煮たのですが、フタを開けたら水分がなくなる寸前だったので醤油はからめただけです。いつもは塩煮だったり、塩蒸しだったりですがたまには甘いのもいいもんでした。

お肉に似せたもどき料理は夫に見やぶられることが多いのですが、今回は濃い味付けだったからか朝見事に「豚や~!」と喜んでました。出勤前に本当のことを言うとたいそう驚いていましたね^^

にくもどき 生姜たっぷり 味濃いめ


人気ブログランキングへ



[PR]

by junbento | 2009-09-04 09:02 | obento